偽物ブランドを質屋にもっていったら買取してもらえる?

偽物のブランド品が現在ではちまたに溢れかえっています。
つい最近も偽物のブランド品が不正に売買され問題になったことがありました。

 

このような偽物ブランド品が流通して、知識があまりない一般の方々が騙されてしまうことも多くあります。
もし、偽物ブランド品を買わされてしまったとき、あなたならどうしますか?

 

今回はそんな偽物ブランド品を質屋にもっていったら買取してもらえるか説明しますので、是非参考にしてみてください。

 

偽物ブランドを質屋にもっていったらどうなる?

偽物ブランド品を質屋にもっていったら買取してくれるのでしょうか。

 

結論から言うと、商品が完全な偽物だった場合質屋は買い取ってくれません

 

質屋はまず商品の査定を行います。
商品の査定はあくまで「本物か偽物かを判断」するのではなく「商品の価値」を判断します。

 

よって、質屋では商品が本物であるかどうかは分からないというのが実際のところです。

 

場合によっては警察沙汰になります


ただし、どこから見ても偽物と判別できる場合や、持ち込みした人物が悪意を持って売りにきた場合はこの限りではありません。
質屋は買取りを拒否し、場合によっては警察を呼ばれてしまいますので注意しましょう。

 

もちろん悪意がない場合、例えば持ち込み者本人も本物だと思って質屋に持ってきた場合であったとしても、それが偽物と判断できてしまった以上買取りはしてもらえません。

 

質屋は買い取った偽物を本物と偽って売ると詐欺罪に問われてしまうので、リスクを背負ってまで手を出すことはないでしょう。

 

質屋が偽物を見抜けなかった場合

 

それでは、質屋が本物か偽物か判断できなかった場合はどうでしょうか。

 

この場合、買取りをしてくれることもありますが、先ほど説明した通り質屋は「本物か偽物かを判断」するのではなく「商品の価値」で査定します。

 

例えば「この時計本体は本物かどうか判断できないが、修繕などによってベルトは正規品ではないのもがついている」という場合は、査定金額がぐっと落ちてしまいますが、買取してもらえる可能性はあります。

 

あくまでその商品の現在価値で取引が行われるので、どうしても壊れた部品の正規品が取り寄せできなくて別のもので代替したという場合であっても、そのものの商品価値が下がってしまいます。

 

 

偽物ブランドの売買はNG

ブランド品が偽物だと認識している時点で、そのものの売買はNGです。

 

現在は本物と謙遜無い偽物が出回っており、偽物を本物だと勘違いして正規の値段で売買している一般消費者が多いのも事実です。
このような被害者をこれ以上増やさないために、偽物ブランドの売買は自主的に行わないようにしましょう。

 

正規ブティックなどで売買したものでなく、中古ショップやネットで買ったブランド品は偽物である可能性をまず疑いましょう。

 

それらはまた売りに出すのではなく、自分のものとして最後まで使ってあげるのが大切です。

 

偽物があまりにも流通すると、本物の価値も下がってしまいますので、偽物を流通させている業者の片棒を担ぐことにならないように皆さんも気を付けて下さいね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

商品が偽物か本物かは質屋では明確に判断ができません。

 

あくまで質屋はその商品の値段を査定するのみであって、それが経年劣化したものであった場合や、正規品でないものが付属していた場合、売買してもらえても価値がぐっと下がることを念頭においておきましょう。

 

また、仮に自分の持っているものが偽物だと知ってしまった場合、それを質屋で買取りしてもらおうとは思わずに大切にしてあげて下さい。
商品の価値を決めるのは最終的に自分です。
それが本物であるか偽物であるかに関わらず大切にしてあげることも大切なことです。

 

偽物ブランドの売買はNGであると皆さんに意識してもらえたら幸いです。

 

TOP:ブランド品の鑑定を無料でしてもらう裏ワザ>>